脱毛と日焼け

MENU

脱毛と日焼け

ムダ毛は多くの女性の悩みの種です。毛抜きやカミソリで地道にケアしている人も多いですが、最近ではクリニックやサロンで脱毛処置を受ける人も増えてきました。プロ施術はムラのない綺麗な状態にしてくれますし、長い期間それをキープできます。更に埋没毛や傷など、肌にダメージを与える心配もありません。背中やデリケートゾーンなど、自分では難しい場所にも対応してもらえるのも大きな魅力です。料金が心配だと言う人も多いですが、多くのクリニックやサロンでは体験コースなども用意されているので、ムダ毛に悩んでいる人は思い切って試してみるのも手かもしれません。

 

しかし万能に見えても、クリニックやサロンでの脱毛は気を付けなければならないポイントもあります。そのうちの一つが日焼けです。肌トラブルを避けるため、施術中や施術後の日焼けは厳禁とされています。理由は3つあります。1つめは肌が弱っているからです。まず日焼けしたばかりの肌と言うのは、紫外線の影響を受けてダメージを受けている状態です。そんな状態で施術のための光を受けると、ただでさえ弱った肌に更にダメージが重なり、肌トラブルを起こしやすくなってしまうのです。施術を受ける予定がある場合は念入りに紫外線対策を行い、プールや海など日焼けしそうなスケジュールを前後に入れないことが大切です。

 

2つ目の理由は、施術マシンの黒色に反応すると言う特徴です。施術マシンはムダ毛の黒いメラニン色素に反応する働きがあります。本来であればムダ毛にだけ反応するはずが、肌が日焼けしているとその肌の色にまで過敏に反応してしまい、肌トラブルを起こす危険が高くなるのです。3つ目の理由は、施術後の肌の状態にあります。脱毛のために光を浴びた肌は、はた目には分からなくてもダメージを受けている状態です。そこに強い太陽の光をあびると、シミができたり火傷をしたりすることがあります。そのため、施術を受けた後1週間ほどは日差しを受けないようにガードする必要があります。